見過ごせぬアクセス面


昨今はホテルの予約もインターネットが主流となり、いわゆるまとめサイトを活用すれば、滞在希望地のホテル一覧を閲覧から、希望に沿った部屋や予算などの諸条件を満たす候補先のピックアップが可能です。私達は手元のパソコンやスマホを活用から、候補となる宿泊先の外観や施設の画像、更には各々の説明文のチェックのみならず、その時点での空室状況まで一目瞭然という、一昔前では信じられない環境が構築されています。ですがこれだけ便利なインターネット環境の中、土地勘が無い滞在先での宿泊施設の決定に際し、つい見過ごしてしまう、要チェックポイントとして、宿泊先の立地条件が挙げられます

パソコン具体的には宿泊先周辺の施設面、更には最寄駅からの交通アクセス面などで、観光旅行であれば近くの飲食店その他の商業施設までの移動距離、最寄駅から次の目的地までの交通の便などが該当します。たとえば素泊まりの場合など、翌日の朝食の場所などが付近に見当たらなければ、これはデメリットとして見過ごせません。また次の観光地への交通の便が悪く、幾度も乗り換えを重ねねばならないとなれば、移動時間のロスタイムに直結します。こうした部分は「最寄駅から徒歩何分」のみの表記ではイメージし辛く、もう1歩踏み込んだ確認作業が大切です。

大切な旅程との兼合い

スマホビジネスで幾度も訪れ、それなりの土地勘をお持ちの訪問先であれば、急な観光旅行目的での訪問に際しても、それなりに的確に宿泊先となるホテルをチョイス出来るかと思われます。ですが初めての訪問となれば、どれだけ豊富な事前情報や関係資料に目を通していたとしても、実際に移動などに要する時間を読み切れずして当然です。何より一般的に配信されている情報は、あくまで最短時間と距離が記載されているケースが多く、実際に徒歩移動で要する時間や、乗り換え接続時に発生するロスタイムはカウントされていないと捉えるべきです。

インターネットの普及に伴い、私達はこれまで以上に、手元の画面上に映し出された情報を無条件に信用してしまう傾向を加速させてしまっています。仲間達との楽しい旅行中とお見受けする集団が、風景には目もくれず、各々が手元のスマホに視線を釘付けにしている光景も珍しくありません。滞在先の空気や人達との遭遇を楽しむ前に、手元のスマホの乗り換え情報に集中から、ただ滞在地を駆け回るだけの旅行に終始してしまっては、さすがに残念過ぎます。滞在先のホテルの立地条件を事前に把握しておくだけでも、より心豊かな旅程となる事を、ぜひこの機会に踏まえておいていただければ幸いです。